電池誤飲時は受診前に蜂蜜を

[電池誤飲時は受診前に蜂蜜を]

(あなたの健康百科  2018年07月09日)


乳幼児のボタン型電池の誤飲は重篤な消化管障害を引き起こすが、誤飲後に
蜂蜜を飲むことで食道の潰瘍が軽減する可能性があると米国の研究グループが
Laryngoscope(2018年6月11日オンライン版)に報告した。



<コイン型リチウム電池が特に危険>
異物誤飲の中でもボタン型電池の誤飲は危険性が高い。
電池の放電によりアルカリ性の液体が生成されたり、唾液や胃液により電池が
腐食してアルカリ性内容物が漏出すると、食道や胃壁の潰瘍の原因となる。

最近は、ボタン型電池よりも直径が大きく電圧が高いコイン型のリチウム
電池が普及しているが、直径が大きいコイン型電池は食道に引っかかって
とどまりやすい。

また、高電圧のリチウム電池は急速にアルカリ性の液体を生成するため、
誤飲後2時間という非常に短い時間で重篤な潰瘍を引き起こす恐れがある
(30分〜1時間という報告もある)。

その結果、食道に穴が開いてしまったり、声帯麻痺を引き起こす可能性が
ある。
最悪の場合、敗血症や出血により死亡に至る恐れもある。

米国では、電池誤飲時の重症例が増加していることが報告されており
(Pediatrics 2010; 125: 1168-1177)、コイン型リチウム電池が重症化の
リスク因子の1つとされている。

日本小児外科学会は、公式サイトでリチウム電池の誤飲について警告を発して
いる。



<蜂蜜によりブタの食道組織の潰瘍が軽減>
研究グループは実験動物(ブタ)を用いて、コイン型リチウム電池を誤飲した
際、病院を受診して電池を取り除くまでの間にどのような処置を行うべきかを
検討した。

一般家庭でよく見かける飲食物(蜂蜜、リンゴジュース、オレンジジュース、
スポーツドリンク、メープルシロップなど)を比較した結果、蜂蜜を飲ませる
ことで食道の潰瘍を軽減できることが示された。

その理由として研究グループは「蜂蜜は弱酸性の食品であるため、コイン型
リチウム電池による食道組織のアルカリ化を中和する。また、粘性が高いため
電池と食道の間の物理的障壁としても作用する」と解説。

「蜂蜜は多くの家庭に常備されている食品であり、受診前に蜂蜜を飲むことで
潰瘍を軽減できる可能性がある」と結論している。

量と頻度については今後の研究が必要であるとしながらも「現時点では
10分間隔で10mL(小さじ2杯)が推奨される」と述べている。


なお、蜂蜜には乳児ボツリヌス症の危険性があるため、「1歳未満の乳児に
蜂蜜を与えてはならず、1歳以上であってもアレルギーに注意が必要」と
付言している。


https://kenko100.jp/articles/180709004610/#gsc.tab=0


————————————————–


[関連ページ]

子どもの誤飲事故:薬が最多 
子どもによる誤飲事故:薬がたばこを抜きトップ 

「強力磁石ボール」の誤飲で小児に重篤な傷害、販売中止求める声明 
幼児の消化器官に穴 マグネットボールの誤飲に注意 

ハンドスピナーで注意! 部品外れ、乳児誤飲 


————————————————–



No tags for this post.
カテゴリー: き救急医療, し小児歯科,  小児科(医科), のど(咽喉),  嚥下・嚥下障害 | コメントする

双胎間輸血症候群だったそっくりな双子男児

[まるで鏡! そっくりな双子男児に母がリストバンドで区別(英)]

(TechinsightJapan  2018年7月9日]


見た目が似ているだけでなく、ほんのちょっとした仕草やすることなすこと
同じとなれば一卵性双生児の区別はかなり困難である。
このほどイギリスの3歳の双子男児が「あまりにも瓜二つ」で混乱を招いた
ため、母親が特別なリストバンドを装着させることにしたという。
『Express.co.uk』が伝えている。


ウェスト・ミッドランズ州ウルヴァーハンプトンに住む一卵性双生児の
アルフィー君とジェイムズ君は、着ている服が同じだと見分けが全くつけられ
ないほどだ。

「時々私でも見分けられない」と話す母親のエマ・ハークネスさんは、
他の家族や友人らにもわかりやすいようにアルフィー君には黒、ジェイムズ君
には緑のリストバンドをそれぞれ装着させるようにした。
今では誰もがどちらが何色のバンドをしているかを知っているため、きちんと
2人の区別ができるようになったという。



現在は母エマさんと父ジョンさんのもとで元気に過ごしているアルフィー君と
ジェイムズ君だが、エマさんが妊娠中は大変な状態だったようだ。
妊娠22週目の時に、一卵性双胎児が胎盤を共有した状態の時に血管を通して
血流移動に不具合が生じ栄養がどちらかの胎児に偏るなどして、両児に循環
不全を引き起こしてしまう「双胎間輸血症候群」と診断された。

エマさんのお腹の中で2人とも深刻な状態であることが分かり、唯一の方法と
して子宮内にスコープを挿入し双胎間の血管のつながりをレーザーにより遮断
して血流不均衡を解消する「胎児鏡下レーザー手術」が望まれた。

しかしエマさんは医師から胎児が両方とも生存する可能性は50%と言われ、
ショックを受けた。

40分にわたる手術は、バーミンガムにある「Birmingham Womens’
Hospital」で行われ無事に成功した。

その後エマさんは32週目に帝王切開で、1,729グラムのアルフィー君と1,644
グラムのジェイムズ君を出産した。
3週間後に退院した2人は、以降はすくすくと元気に育っているようだ。

一般的に一卵性双生児の絆は深いと言われているが、エマさんもこのように
語っている。
「2人はまさに生まれる前から運命を共にしてきたので、今では別々に過ごす
ことが困難なほど何をするのも一緒です。2人は強い絆で結ばれています。」


(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)


http://japan.techinsight.jp/2018/07/ellis05540709.html


————————————————–


[関連ページ]

双胎間輸血症候群 


————————————————–



No tags for this post.
カテゴリー: さ産科 | コメントする

双胎間輸血症候群

[双胎間輸血症候群]

(Wikipedia)


双胎間輸血症候群とは、一卵性双胎児が胎盤を共有した状態(一絨毛膜
双胎)のときに、共通胎盤上の吻合血管を通して引き起こされる血流移動の
アンバランスによって両児の循環不全を生じる病態を指す。


<病態>
胎盤を共有するというのは以下のような状態を指す。
胎児は臍帯動静脈を介して胎盤の小部分である胎盤小葉でガス交換や物質
交換をしているが、一絨毛膜胎盤の胎盤小葉では一方の児から流れ込んできた
血液が、他方の児の側に戻っていくことがしばしばある。

すなわち両児間で血液が行き来し、循環を共有しているということになる。

このような場合、全例ではないが、それぞれの胎児への血液供給のバランスは
往々にして取りにくくなり、一方の胎児からもう一方の胎児へ胎盤を通して
血液が流れることがある。

すると受血児(血液が流れ込む先の胎児)は多血症からうっ血性心不全、
浮腫、羊水過多等を生じ、供血児(血液の流れの元となる方の胎児)は
循環血液量の減少によって羊水過少になり、悪化すると発育不全を起こして
小さくなる。

このように両児の間で血液の流れが生じるので、「一方からもう一方へ輸血
しているようなものである」という考え方が病名の由来である。



<臨床像>
超音波検査で一児の羊水過多ともう一児の羊水過少を同時に認めた場合に診断
される。

供血児は腎不全、発育不全などの症状が代表的であるが、症例によって
異なる。

受血児の羊水過多による流産、早産のリスクが高い。

一般に保存的治療では胎児の予後は不良である。



<治療>
双胎間輸血症候群の標準的な治療法は連続的羊水除去術であるが,近年,
新しい胎児鏡下レーザー手術が提案され、欧米と日本において徐々に普及
しつつある。





No tags for this post.
カテゴリー: さ産科 | コメントする

問い合わせ:笑気吸入鎮静法

<問い合わせ>
笑気を使って治療を受けたいのですが、アルコールアレルギーがあっても
大丈夫でしょうか。


<回答>
笑気の成分はN2O(亜酸化窒素)ですので、アルコールアレルギーとは
成分が異なりますので、特に問題はありません。


但し、笑気吸入鎮静法が体質的に合わない人が数%います。
もし笑気が体質的に合わない場合には、酸素吸入に切り替えます。
すると、速やかに身体から笑気が排泄されます。




No tags for this post.
カテゴリー:  笑気吸入鎮静法, FQA(問い合わせ) | コメントする

予約システム復旧致しました

06:50現在、予約システムは復旧しております。

ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。


(横山歯科医院)




No tags for this post.
カテゴリー: 未分類 | コメントする

アジアン隅田美保 酒癖の悪さと遅刻癖で全国の劇場出禁だった

[アジアン隅田「婚活専念で休業」は嘘だった!?
                 劇場出禁の事実を相方・馬場園が暴露]

(RBB TODAY  2018年7月7日)


アジアン馬場園梓が、6日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に
出演。
相方である隅田美保の休業の真相を暴露した。

2015年から婚活に励むという理由で活動を休止していた隅田。
去年末に放送された『第1回女芸人No.1決定戦 THE W』で久々にテレビ
出演を果たした。


だが馬場園は、そもそもの原因は隅田の“酒癖の悪さ”と“遅刻癖”にあると
指摘。
前日の夜に飲みすぎて、翌日の昼間の舞台に穴を空け、結局起きてくるのは
夕方の6時だと語った。
結果、隅田には、全国にある吉本の劇場の「無期限出入り禁止」が
言い渡されていたという。

ここで坂上忍が、「マネージャーさんと話し合いした結果、『どうする?』
ってなって、じゃ婚活を理由に休みましょうってなってらしいって
『これホント?』」と追及した。

それに対し「そうですね」と答えたのが馬場園。
隅田は、日ごろの生活態度について吉本から「ちゃんとせえよ」と怒られたと
いう。
さらに「プライベートを取るか仕事1本にするかどちらか決めろ」と突きつけ
られた彼女は、もともと彼氏が欲しかったこともあり、「婚活1本にします」
と宣言したのだとか。

つまり休まざるを得ない理由として、表立っては、劇場を出禁になったことが
言えないことから、プライベートを優先させたいということを言い訳に休み、
さらに実際に出会いを求めて動いてはいたというのが実情らしい。

そんな告白に対し、坂上が「すげーな」とびっくり。

ダウンタウン松本人志から「せめて婚活成功してくれよ」とせがまれると、
隅田は「松本さん、私もそのつもりやったんです」と嘆いていた。



http://news.livedoor.com/article/detail/14975340/




カテゴリー: い依存症, げ芸能人・有名人 | タグ: , | コメントする

チャン・グンソク そううつ病公表し兵役へ

[韓流:チャン・グンソク そううつ病公表し兵役へ=16日入隊]

(聯合ニュース  2018年7月6日)

【ソウル聯合ニュース】
韓国の俳優、チャン・グンソクさん(30)が16日に兵役のため入隊し、
社会服務要員(兵役代替服務制度の一つ)として勤務することが分かった。
所属事務所が6日、伝えた。

所属事務所は「チャン・グンソクが双極性障害(そううつ病)により4級
兵役判定を受けた」とし、「16日に(新兵教育隊に)入所し、社会服務要員と
して2年間代替勤務する予定だ」と明らかにした。

チャンさんは2011年に初めて双極性障害との診断を受けた後、兵務庁の
身体検査で再検査対象と判定された。
再検査の結果、最終的に社会服務要員の招集対象と判定されたという。

所属事務所は個人情報である病名を公表することに慎重な姿勢を見せながら、
チャンさんがファンの関心と愛により成長し、存在しているとして、明確に
公開することが責任であり道理だと考えたと説明。
チャンさんが双極性障害を克服するために最善を尽くし、その過程で
苦しみながらもバランスを取ろうと努力してきたが、満足できる結果を
得られなかったと伝えた。



http://news.livedoor.com/article/detail/14972894/



No tags for this post.
カテゴリー: げ芸能人・有名人, せ精神科 | コメントする

サーバー障害によりご迷惑をおかけし申し訳ございません

【サーバー障害によりご迷惑をおかけし申し訳ございません】


平素よりお世話になっております。
メディカルメディアの久保です。

予約システムへの接続等に問題がありご迷惑をおかけし誠に申し訳
ございません。

弊社のシステムが採用しておりますzenlogic(ヤフークラウド)で大規模な
障害が起こっており、問題の解決のための引き続き7月7日午前8時頃まで
延長して緊急メンテナンスが行われるとの報告を受けております。
これによりもうしばらくは断続的に接続できなくなる可能性がございます。
二転三転して申し訳ございません。
新しい情報が入り次第改めて連絡させて頂きます。

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、完全復旧までいましばらく
お待ちいただけますようお願い致します。
何卒宜しくお願い申し上げます。


メディカルメディア株式会社



No tags for this post.
カテゴリー: 未分類 | コメントする

サーバー障害によりご迷惑をおかけし申し訳ございません

【サーバー障害によりご迷惑をおかけし申し訳ございません】


平素よりお世話になっております。
メディカルメディアの久保です。

予約システムへの接続等に問題がありご迷惑をおかけし誠に申し訳
ございません。

弊社のシステムが採用しておりますzenlogic(ヤフークラウド)で
大規模な障害が起こっており、問題の解決のための引き続き本日12時頃まで
緊急メンテナンスが行われるとの報告を受けております。

これによりもうしばらくは断続的に接続できなくなる可能性がございます。

ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、完全復旧までいましばらく
お待ちいただけますようお願い致します。

何卒宜しくお願い申し上げます。


メディカルメディア株式会社



No tags for this post.
カテゴリー: 未分類 | コメントする

あまりの悪臭に飛行機から下ろされた乗客

[あまりの悪臭に飛行機から下ろされた乗客]

(JBpress  2018年7月6日)


「他の乗客が吐いたり気絶したりするほどの臭いで飛行機は緊急着陸、人々は
不潔だと思ったが、男性は恐ろしい病魔に侵されていた・・・」
先週のニューズウィーク記事をご覧になった方も多いかと思います。

要するに、飛行機に「凄まじく臭い」乗客が乗ってきて、あまりの臭気に
飛行機が不時着するというなかなかない事態が5月にスペイン領カナリア
諸島発アムステルダム行きのオランダのエアライン上で発生したというの
です。

不幸なことに、この臭気の元となった男性、ロシア人のロックギタリスト
だったそうですが、6月25日に死亡したとなると、笑い話ではすまなく
なります。

さらに「壊死性感染症」のために死亡となると、「2次感染は?」と
シリアスに心配せざるを得ません。



<なぜ2次感染の心配がないのか?>
この不幸な男性は、アンドレイ・スチリン氏(享年58)、かつては世界的に
活躍したミュージシャンだったそうです。

5月29日に彼が一歩飛行機に足を踏み入れると、機内はざわつき始め、やがて
叫び声が上がり、乗客たちは口や鼻を押さえるハンカチ類を探し始め、やがて
嘔吐したり、失神までする乗客まで出始めたそうです。

文字通りパニック状態となって、急遽ポルトガルのファロ空港に緊急着陸、
準備されていた救急車で搬送されたそうです。

着陸までの間はトイレに押し込められ、香水を振りまいたりして対処した
ものの、そんなことではどうにも収まらなかったらしい。
そこまでの臭気とは、いったい何なのでしょう?

スペイン領カナリア諸島というと分かりにくいですが、その実モロッコの
南端を西に進んだ大西洋上に浮かぶ列島です。
ジブラルタルと「パリ・ダカール・ラリー」で有名なセネガルの首都
ダカールを結んだ真ん中あたり、要するにアフリカで、北緯で言うと台北の
少し北、トロピカルな常夏の島に遊んだギタリストが、何らかの怪我をした
らしく、現地の医者に受診したらしい。

そこでは「よくある感染症」と言われ、保険金の支払いさえ拒否されたと
いうのですが・・・。

飛行機にチェックインした時点では、スチリン氏の病状は著しく悪化して
おり、前記のような騒ぎとなり、さらにその原因が「壊死性感染症」と
聞かされてしまうと・・・。

航空会社は「同じ便に乗り合わせた乗客・乗員」に感染のリスクはないと
念を押したそうですが、感染症であれば、病原菌がいるはずです。

どうして<感染のリスクはない>などと言い切れるのか。
不審に思うほうが人情としては自然でしょう。

でも実は、この点に関しては航空機会社の言い分は正しいのです。
感染の心配はない。と言うより、実は私たちはみな、今現在の時点で、
同じ菌に感染しているのです。
「そんな、全身から悪臭を発するとんでもない壊死性の病原菌などに、感染
していてたまるものか」と言われる方が多いと思いますが、スチリン氏を
襲った病魔、実は私たちの腸内に普通にいる「常在菌」が真犯人なのです。



<ガス壊疽の恐怖>
報道には定かに記されていませんが、スチリン氏が罹患したのは「クロスト
リジウム筋壊死」通称「ガス壊疽」であったと思われます。

病原菌は「クロストリジウム ペルフリンゲンス」通称「ウェルシュ菌」と
呼ばれる桿菌で、成人の腸内に普通に存在する嫌気性の生物です。

分かりやすく言うなら、人間のおならが臭いのは、この悪玉菌の出すガスが
原因となっている。
善玉菌の代表がビフィズス菌なら、悪玉の代表がこのウェルシュ菌という
私たちに身近な微生物が、この恐ろしい病気を引き起こしてしまう。

どうしてそんなことになってしまったのでしょう?

ウエルシュ菌は「嫌気性」で、酸素濃度が高い場所では分裂したり元気に
活動できません。

また腸内では、他の細菌と混在しているため、必ずしもウエルシュ菌だけが
突出して増殖することはできません。

しかし、腸内フローラのバランスが崩れると、食中毒の原因になることも
あるようです。



ウエルシュ菌を含むクロストリジウム属の細菌には恐ろしい親戚がずらりと
並びます。
「クロストリジウム・ボツリヌム」、いわゆるボツリヌス菌にほかなりま
せん。
「クロストリジウム・テタニ」、破傷風菌、古来から恐れられてきました。
「クロストリジウム・ディフィシレ」、抗生物質に強く、その投与後に
他の腸内フローラが死滅すると「菌交代症」を発症し、偽膜性大腸炎などを
引き起こします。

このように、破傷風などを記すと分かりやすいかと思いますが、ボツリヌス
菌にしても実は土壌内にたくさん存在しているものの、嫌気性のため普段は
大して悪さをしないのです。

これが、真空パックのソーセージなどの中に入り込むと、活発に分裂して
毒素を作り出し、誤ってこれを摂取した人に致命的なダメージを与えてしまう
ことがある。

人間の体内でも、普通に腸内などに存在している範囲では、たいした悪さは
できませんが、傷口などからソーセージならざる筋肉、結合組織など、人間の
体内でも嫌気的な環境に近い場所に菌が感染、免疫力などが衰えていて、
これが増えてしまうと、大変なことになってしまう。

アフリカのカナリア諸島で、ちょっとした傷口からウエルシュ菌が
入り込んだと思われるスチリン氏も、普段の体調ならさっさと白血球が
食べてしまって一件落着だったと思われます。

それが、何らかの免疫バランスが崩れていて、やっかいな場所でウェルシュ
菌が繁茂し始めてしまったために、大事に至ってしまったわけです。

ウエルシュ菌は感染した部位の筋肉を壊死させながら症状が広がり、増殖
しながら毒素を撒き散らしていきます。
創傷とその排膿は強い悪臭を放つことから「ガス壊疽」と呼ばれます。
その臭いの大本は、実は<おなら>の臭さと同根のものです。

強烈な濃度で凝縮して、人間の臭覚を刺激しているもので、アフリカの島で
特殊な病原菌に感染したというわけではなく、誰もが持っている普通の
常在菌が、あらぬ身体部位で感染・繁殖したために、致死的な状況になって
しまった、というもの。

そのため、スチリン氏と同じ飛行機に乗っていた乗客乗員には、感染症と
言いながら、その伝染の心配はない、とアナウンスされたものだろうと
察せられます。



<菌の毒素も使いよう>
ボツリヌス菌同様、クロストリジウム属の嫌気性細菌は、体内のあらぬ部所に
入り込むと、とんでもない悪さをしかねません。

しかし、その性質も、制御して使えば、役に立つこともあります。

クロストリジウム属の菌同様、嫌気性の「生き物」として、ガン細胞が
あります。
ガンは私たちの通常の遺伝情報と同じものを持ちながら、その特殊な部分が
発現し、通常の呼吸を行わず、解糖系と呼ばれる「無機呼吸」で生きており、
もっぱらブドウ糖を「エサ」として暮らしていることが知られます。

このガン細胞に特化して、クロストリジウム属の細菌はアタックを仕かけると
いう性質があることから、毒素を作り出さない菌種を腫瘍に植えつけて
「食べさせ」ガンだけを退治する、という療法が研究されています。

また、ボツリヌス菌が作り出す毒素のたんぱく質は、人間の神経系に作用して
ブロックしてしまうことから、呼吸停止など致命的な症状を引き起こすことも
あります。

しかし、制御して使えば、神経系統の過緊張を和らげる効果を発揮させる
ことができます。

脳卒中や脊髄に由来する症状、神経性ジストニアなどの病気では、運動機能
障害の一つとして、脳からの命令と無関係に体が緊張してしまう「痙縮」と
いう症状が知られています。

そのような状態にある神経に、ボツリヌス菌由来の特定の毒素だけを精製、
ごく少量注入すれば、関連の神経機能の過緊張のみをブロックし、和らげる
ことから、運動機能障害の改善を企図することができます。

「ボトックス療法」として広く知られる、こうした治療法も、病原性細菌と
その生成物の細かな研究と、その性質の解明から得られたものです。

病気をただ単に病気と見て蓋をするのでなく、あくまで冷静、客観的、
サイエンティフィックで合理的なファクトに基づく地道なリサーチによって
毒も転じて薬となるという典型と言うべきでしょう。

私たちの身の回りには、目に見えない様々な生命体がひしめいており、普段は
おとなしくしていても、その性質が暴走すると、とんでもないことにもなり
かねませんし、暴走しうる性質も、制御して別の用途に用いれば、役に立つ
こともある。

こうしたすべて、一つひとつの症例、また一人ひとりの罹患者、ないし
犠牲者のカルテや、残されたデータ、さらには菌種などから得られた知見に
ほかなりません。

小さな傷でも泥で汚れたら早めに消毒、など習慣づけることで、予防効果は
高まるかと思いますが、こうしたことは医師の指示を仰ぐのが正道でしょう。

ということで、改めてスチリン氏の冥福を祈るとともに、私たち誰もが体内に
持っている常在菌で、こんな恐ろしい病気が発症し得ることを改めて認識
し直ししたいと思います。

特に子供の泥んこ遊びなど、普通に目にする状況にも、様々なリスクがある
こと。
老人など免疫が弱っている個体の不用意な創傷、消毒不足などは、時に
致命的な症状への進行があり得ること、注意したいと思います。


(筆者:伊東 乾)


http://news.livedoor.com/article/detail/14969820/




No tags for this post.
カテゴリー: か感染症(細菌・ウイルス・真菌・寄生虫),  体臭 | コメントする

アトピー性皮膚炎は心血管疾患のリスク因子

[アトピー性皮膚炎は心血管疾患のリスク因子]

(あなたの健康百科  2018年07月06日)


アトピー性皮膚炎は心血管疾患のリスク上昇と関係し、アトピー性皮膚炎の
重症度および活動性が高い患者は特にそのリスクが高いと、英国などの研究
グループが医学専門誌BMJ(2018; 361: k1786)に発表した。



<重症患者は心不全リスクが70%上昇>
アトピー性皮膚炎は、皮膚の保護機能と免疫システムの障害によって発症し、
全身で炎症反応が起こる。

この炎症反応は心血管疾患の発症と関連する可能性が報告されているが、
まだ結論は出ていない。

そこで研究グループは、1998~2015年の英国の電子診療録などのデータを
用いて、成人のアトピー性皮膚炎患者は心血管疾患リスクが高いかどうか、
またそのリスクはアトピー性皮膚炎の重症度や活動性によって異なるか
どうかを検討した。

対象は、アトピー性皮膚炎患者38万7,439例と年齢、性、受診クリニック
などをマッチさせた非アトピー性皮膚炎の対照152万8,477例。
全体の登録時の年齢中央値は43歳、女性が66%であった。

主要評価項目は心血管疾患の有無(心筋梗塞、不安定狭心症、心不全、
心房細動、脳卒中の発症と心血管死)とした。
追跡期間の中央値は5.1年だった。

解析の結果、アトピー性皮膚炎群は対照群に比べて、死亡には至らない
心血管疾患の発症リスクが10~20%高かった。

心血管疾患リスクはアトピー性皮膚炎の重症度と強い関連を示し、重症患者は
対照群に比べて脳卒中リスクが20%、心筋梗塞、不安定狭心症、心房細動、
心血管死のリスクが40~50%、心不全リスクが70%高かった。

また、追跡期間の50%超で皮膚炎が活動性であった患者でも心血管疾患の
リスクが高かった。

研究グループは「アトピー性皮膚炎の重症度と活動性が高い患者について、
心血管リスク因子に対する啓発と医療機関におけるスクリーニングなどの
予防策を開発することを考慮すべきである」と述べている。


https://kenko100.jp/articles/180706004614/


————————————————–


[関連ページ]

アトピー性の病気と貧血に関連はあるか? 

ビタミンDがアトピー性皮膚炎に有用 


————————————————–



No tags for this post.
カテゴリー: え栄養医学, け血管, し心臓疾患, の脳卒中, ひ皮膚科,  アトピー | コメントする

喫煙者は交通死亡事故のリスク高い・・・東北大

[東北大”喫煙者は交通死亡事故のリスク高い”]

(TBC東北放送  2018年7月4日)


日常的にたばこを吸う人は吸わない人に比べ、交通事故で死亡するリスクが
高いとする研究結果を東北大学が明らかにしました。

研究したのは、東北大学の相田潤准教授らの研究グループです。


相田准教授らは、茨城県の40歳以上の健康調査のデータを用いて、男性
約3万3000人の喫煙習慣と交通死亡事故の関連について調べました。

その結果、1日20本以上たばこを吸う人は吸わない人に比べて交通事故で
死亡する危険性が1.54倍に高まることが分かりました。

相田准教授は、運転中にたばこを吸うことで事故につながっているケースが
多いと分析しています。

運転中の喫煙について道路交通法で罰則はなく、相田准教授は「規制を検討
してほしい」と話しています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000007-tbcv-l04



No tags for this post.
カテゴリー: き禁煙, こ行動科学 | コメントする

備蓄米の袋ネズミかじる:日通は袋だけを取り換え検査済印章も偽造

[備蓄米の袋ネズミかじるも…日通が処分せず]

(日テレNEWS 24  2018年7月4日)


政府の備蓄米を管理していた日本通運が水にぬれたりネズミがかじったりした
米の袋などを処分せず、一部を出荷していたことがわかった。

政府は、災害など緊急時に使う米を備蓄米として日通の倉庫などにおよそ
100万トン保管している。

問題があったのは、広島の日通の倉庫に保管していた国産の玄米およそ
8000キロ分。

農水省によると、日通はネズミがかじったり糞(ふん)がついたりしていた
袋をひそかに新しい袋に取り換えていたという。

また、袋が水にぬれた米の一部はエサ用の米として出荷していた。

本来、こうした米は農水省に報告した上で焼却する義務があるが、日通は
袋だけを取り換えて検査済みを証明する印章も偽造していたという。

農水省は農産物検査法違反の疑いで調べている。



http://news.livedoor.com/article/detail/14960749/




No tags for this post.
カテゴリー:  食の安全 | コメントする

ハワイの日焼け止め規制法が成立、サンゴ礁に有害な成分を禁止

[ハワイの日焼け止め規制法が成立、サンゴ礁に有害な成分を禁止]

(CNN.co.jp  2018年7月4日)


米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される
成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案に署名して成立させた。

2021年1月1日から施行する。
こうした法律が米国で制定されるのは初めて。
法案は5月にハワイ州議会を通過していた。

施行後は、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる
市販の日焼け止めの販売や流通が禁止される。

法案の起草にかかわった非営利の学術団体は、オキシベンゾンやオクチノ
キサートについて、海水浴客の肌から流れ落ちたり排水処理施設を通じて
海水に流れ込んだりして、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こす
原因となり、やがてサンゴを死滅させるという調査結果を発表していた。
同団体の専門家クレイグ・ダウンズ氏は法案の署名に立ち会い、「幼生の
サンゴにとって、オキシベンゾンは特に毒性が強い」と述べ、「日焼け止め
公害の海水浴客がいれば、新しい世代が育たず、その地域のサンゴ礁は徐々に
縮小する」と強調した。


ただ、同法には反対意見もある。
「日焼け止めに使われている安全で効果的な2つの成分が禁止された。根拠と
なっているのは、そうした成分がサンゴ礁にとって有害だと主張する1つの
研究結果にすぎない」。
米日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)などのメーカーで
つくる全米業界団体幹部のジェイ・シロイス氏はそう反発する。

同法の影響で日焼け止めの選択肢が少なくなれば、日焼け止めの使用が減り、
皮膚がんのリスク増大を招きかねないと危惧する声もある。



http://news.livedoor.com/article/detail/14960836/




No tags for this post.
カテゴリー: ひ皮膚科 | コメントする

「ドクターフィッシュ」で足の爪がはがれ落ちる

[フィッシュペディキュアで爪が脱落か、米で症例報告]

(CNN.co.jp  2018年7月4日)


小魚に足の古い角質を食べさせる「フィッシュペディキュア」を受けた
女性が、足の爪がはがれ落ちる症状に見舞われたという症例が、3日の
米医学誌に報告された。

女性は半年前、水槽に足を浸して「ドクターフィッシュ」と呼ばれる小魚に
古い角質を食べさせるフィッシュペディキュアを経験した。
ところがしばらくたって、足の爪がはがれ始めていることに気付いたという。

この症例を報告した米ワイルコーネル医科大学のシャリ・リプナー准教授は、
「これは我々が考えているよりも、ずっと一般的かもしれない」「(爪が)
脱落する現象は数カ月たってから起きる。患者や医師が、特にフィッシュ
ペディキュアがこんな症状を引き起こすとは認識さえしていなければ、
関連付けて考えるのは難しい」と話す。

爪がはがれ落ちる症状は「爪甲脱落症」と呼ばれ、一般的にはけがなどに
よって爪の成長が妨げられて発生する。
しかし女性の場合、他に爪の異常を引き起こすような病歴はなかった。

魚につつかれることと爪がはがれる現象の関係を裏付ける検査は存在しない
ものの、リプナー准教授は「フィッシュペディキュアが原因だったことは
ほぼ間違いない」と結論付けている。

これに対して米マイアミ大学医学校のアントネラ・トスティ氏は、「魚が
問題を引き起こしたという確証は何もない」と反論した。
同氏は欧州ネール協会の元代表。
女性の問題は、ハイヒールや先のとがった靴を履いたことが原因だった
可能性があるとの見方を示している。

リプナー准教授も、フィッシュペディキュアが爪の脱落を引き起こした
症例は、この女性以外では確認していない。

ただ、フィッシュペディキュアについては、健康にいいという根拠のない
主張で人気があると解説している。



http://news.livedoor.com/article/detail/14960459/




No tags for this post.
カテゴリー: ひ皮膚科, び美容外科(形成外科) | コメントする