初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

Home>    
[化学物質過敏症(目次)     
                                 更新日:2015年4月24日
                                   

item3a

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔以外の疾患サイト   
http://yokoyama-dental.jp/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.info/ (顎口腔疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

最近の関心事や知ったこと

[漂白剤を使っていると扁桃腺に繰り返しかかる子が増える]
(Medエッジ  2015年4月23日)

漂白剤はスペインでは一般的に使用されており(72%)、
ィンランドではまれにしか使用されていなかった(7%)。

http://www.mededge.jp/a/cold/12071 

[ヒトの皮膚は衣類や化粧品の化学物質で覆われている]
(HealthDay News  2015年4月2日)

皮膚は最も露出されている組織で、
約6平方フィート(約0.56m2)の面積を覆っている。
皮膚の綿棒含有物の8%は、
シャンプーや日焼け止めなど
美容製品や化粧品成分の残留物に由来していた。
Dorrestein氏は、「これらの残留物が有害かどうかは不明だが、
ヒトの皮膚ではこのような化学物質の『分子署名』は明瞭かつ豊富にみられ、
相互に作用し、皮膚の微生物集団に影響を及ぼす可能性がある。
皮膚に存在する化学物質のスナップを撮れるようになったからには、
微生物群を有益なものにコントロールする方法がわかるだろう」という。

http://www.healthdayjapan.com/  

<多種化学物質過敏症(MCS)>

・緊張型頭痛
・顎関節症(一部)
・過換気症候群
慢性疲労症候群(CFS)
・多種化学物質過敏症(MCS)
・線維筋痛症(FM)
・月経前症候群
過敏性腸症候群(IBS)

これらは機能性身体症候群(FSS)と分類されつつあります。

ドーパミンの不足などの神経伝達物質の過不足が
一因ではないかと考えられてきています。


一時的には薬剤で
神経伝達物質の過不足を調整するのも良いかも知れませんが、
最終的には栄養療法によって
自前で神経伝達物質の過不足を調整できる身体にするのが
ベターだと思います。

<予防接種ワクチン>

以前は予防接種ワクチンに
ホルムアルデヒドが含まれていることが
少なくなかったようです。

現在の状況は
把握しておりません。

PHM06_0499 のコピー

化学物質過敏症(目次)

カンジダ症

栄養障害

金属アレルギー

ガルバニー電流

重度歯周病

抜歯窩治癒不全

智歯周囲炎

有機野菜中心の食事で回復

ビタミン豊富な食事など

化学物質過敏症の歯科治療