ツリーマン症候群(樹木男症候群)とは

[ツリーマン症候群(樹木男症候群)とは]

(Wikipedia)

疣贅状表皮発育異常症は、手や足などに木の皮のような疣(いぼ)が生じる、
遺伝性の皮膚疾患。
ツリーマン症候群(樹木男症候群)ともいう。

<症例>
疣贅状表皮発育異常症は非常に珍しい皮膚疾患で世界に数例しか診断例が
ない。

2017年1月、バングラデシュの男性がダッカ医科大学病院で少なくとも
16回の手術を受け、手足にできた5kgもの疣を除去した。
医師団は同2017年中の完治宣言を行おうとしていたものの、2018年1月には
再び疣が生じていることが報じられている。

男性の症例のみが知られていたが、2017年1月31日、バングラデシュの
少女が女性として初めて疣贅状表皮発育異常症を発症した可能性があると
伝えられた。
2月7日に1回目の疣の除去手術を終えた。
しかし、父親が術後かえって症状が悪化していると判断し、これ以降の手術を
拒否したため、除去手術は最後まで完了できなかった。

<原因>
ヒトパピローマウイルス(HPV)5型もしくは8型のウイルスの感染により
疣が発症し、なんらかの原因でウイルスへの免疫抗体が産生されない場合に
進行する。

No tags for this post.
カテゴリー: い遺伝, せ生理学,  免疫 パーマリンク