引退後に深刻な影響も…脳振とう問題 NFLはどう向き合うのか

[引退後に深刻な影響も…脳振とう問題 NFLはどう向き合うのか]

(スポニチ  2016年3月21日)

ウィル・スミス主演の映画「コンカッション」の原作を読んだ。
アカデミー賞の主演男優賞候補にスミスが挙がらなかったことで
「人種差別だ」という声が上がって話題になった作品だが、もっと多くの
問題を含んでいる。

コンカッションは脳振とうという意味。
NFLを引退したあとに認知症に似た症状を発症したり、不幸な死を遂げた
元選手の脳を病理解剖したナイジェリア出身の医師の苦闘を通して、
巨大ビジネスを展開するNFLの闇が描かれている。

NFLは今月になってこの原作に登場するCTE(慢性外傷性脳症)という
病気が、競技で被った脳振とうに起因していることを正式に認めた。

2月のスーパーボウルまでずっと「因果関係はない」と完全否定。
しかし映画と原作が話題になるにつれてその隠蔽体質にメスが入り、
とうとう認めざるをえない状況に追い込まれたようだ。

CTE自体が死後の脳を解剖しない限りわからないという病気であるため
対応は常に遅れ気味。
タグリアブー前コミッショナーもグッデル現コミッショナーも
この問題に対して積極的なアプローチをしてきたとは言い難い側面がある。

時同じくしてNFLを代表するWR、ライオンズのカルビン・ジョンソン
(30)が引退を表明。
2012年シーズンにはレシーブによる年間最多獲得記録を塗り替えており、
とくに大きな故障もないことを考えると、あと5シーズンは十分に現役で
活躍できたはずだ。

しかしWRはボールを持てば常にタックルを浴びる運命にあるポジション。
CTEは現役時代に脳振とうを引き起こした経験がない元選手の脳にも現れて
おり“メガトロン”の愛称で人気があったジョンソンは引退後に襲ってくるかも
しれない後遺症を最小限に抑えたかったのかもしれない。

なにしろようやく本格的な研究が始まったばかり。

現在、この件で多くの訴訟案件と向き合っているNFLは研究施設、治療施設、
さらに補償費をどうするのかといった問題を山ほど抱えており“選手の老後”は
きわめて不透明だ。

本を読んでショックだったのは私が取材した3人の元選手も記憶障害に陥って
いたこと。
病気を認めてしまうと競技者数の減少というビジネスに直結するやっかいな
問題が浮上してくるだろうが、この病気への対応を誤ると米国の人気
スポーツが存続の危機に陥るような気もしている。

チャージャーズやペイトリオッツで活躍したLB、ジュニア・セイオウ氏は
2012年5月に銃で自殺。
43歳だった。
スーパーボウルの会見で見た時の彼はいつも笑顔を絶やさないチーム
リーダーのような存在。
しかし引退後は不眠症に悩まされ、やがてうつ状態に陥ったという。
その後、その症状こそがCTEである可能性が高いことが判明しており、
病気の存在をNFLが選手に知らせていれば、助かった命だったのでは
ないかと思う。

米下院での公聴会でイリノイ州選出のシャコウスキー議員は「CTEの危険性を
軽視し、安全に関する誤った認識を広めた」とこれまでのNFLの対応を批判。
さてこれを受けてNFLという巨大組織はどのように舵を切っていくのか?
問題はまだ何一つ解決していない。

(スポーツ部・高柳 昌弥)

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/03/21/kiji/K20160321012249540.html

カテゴリー: スポーツ医学, に認知症, の脳科学・脳疾患 タグ: , , , , , , , パーマリンク